BLESS オープンサービスの話

BLESS
スポンサーリンク

11月2日から開始した『正義と向き合う新作MMORPG』という二つ名のBLESSをプレイしてきましたので、感想をつらつらと書いていきます。

無味無臭なゲーム

これが2017年に出るゲームなのかと一瞬疑うくらい平凡なMMORPGです。
いつものKR産キャラメイク、いつものUI、数年間何も変わらない世界がそこにありました。

クエストは会話ボタン連打でOK、クエストNPCへの自動移動で合間にスマホゲーもプレイ可能、不細工なNPC達、いつものKRゲームです。
これが『リネージュ2015』というタイトルでも違和感がありません。

重いクライアント

前の記事でクライアントのフォルダ構成がクソと言いましたが、中に入ってもクソです。
今世代のゲームとして見ても、大して特別綺麗と言うわけでもないBLESSですが、GTX1080を積んでいても60fpsに張り付きません。
軽いところでも50fps付近をうろうろ、何でもないところで重くなったりして20fpsを割ります。

GPUを良いものにするぐらいなら、CPUをより良いものに交換したりメモリを大量に積んだ方が良いかもしれません。
BLESSにそこまでする価値があるかどうかは知らないけど。

SSで振り返る

メニュー


何の変哲もないメニュー画面。

スキル習得画面

敵のAOE表示


詠唱バーと範囲が合わさったような表示のさせ方。
(敵の近くから濃い色の表示が始まり、全て濃い色になったら範囲確定)

ワイバーンの背中に乗って移動


そういえば気づいたんですが、BLESSの空って無表情のような気がします。
雨が降った記憶もないし、雲も殆どない。
見えたと思ったらうっすらと雲掛かってるだけ。

最後に

誰におすすめ出来るかどうか真面目に考えてみたのですが思いつきません。
今までPCのMMORPGを触ったことがなくて、これが初めてだとしたらもしかしたら面白いと感じるのかも。

個人的には、BLESSやるぐらいなら寝てた方がマシ。
まだ料金体系は発表されてませんが、月額のクオリティでもないしガチャ課金するほどのアバターの質も良くないし、どうやって回収するのか気になります。

コメント