禁断の地エウレカ:アネモス編、レベリングの軌跡(〜ELv9)

FF14
スポンサーリンク

昨日、禁断の地エウレカのアネモス編にて、レベルキャップのエレメンタルレベル(以下、ELvと表記)が20に到達したのでその軌跡を綴っておきます。

4.25実装から一週間と少しですが、最初はのんびりでしたが武器のSSが出てから加速度的にレベルが上がっていきましたね。

ELv1〜9

実装日はFCやLSメンに声をかけて突入しました。
NMの情報もあまりなく、とりあえず雑魚を釣ってみて無理なく討伐出来るみたい敵レベルを確認しながら拠点東側で進行していました。

同ELvだと+4が無理なくチェーン出来そうだということで、ひたすら雑魚を狩っていました。
過去やっていたFF11の狩り方を思い出すぐらいの感覚でした。

またこのクソ作業をこのゲームでもしないといけないのかと思いました。

30チェーンで確定で乱属性クリスタルが1個落とすのを確認して、武器最終型まで何年かかるのかと思いましたね。

程々にやって飽きた頃にみんなで地図で確認出来るエーテライトまで行ってみることに。
エーテライト行ってみたらELv9じゃないと開放されないということで、こりゃレベル上げ大変だなぁと思いました。

その日はレベル3ぐらいで終わりました。

翌日には少しずつ情報が出てきて、NMが美味しいぞ、と。
初日にはNMは見れなかったので、意気揚々とログインしてパーティに混じったりしながらやっていました。
討伐成功したら、昨日やって稼ぎがゴミに見えるぐらいどんどん経験値が入ってくるじゃないですか!
このエウレカというのは旧世代のMMOっぽい何かを、今風に落とし込んだ別物とこの辺で気づき始めました。

NMが美味しいのはわかったのは良いけど、低レベルの問題は移動です。
徒歩しか移動手段がない上に、道中にも格上の敵がわらわらといるのでNMの場所に行くまでも死闘です。

基本視線感知なので、敵の視線をよく見つつ移動しなければいけません。
慣れてない人は絡まれつつ死にそうになりながらNMの所に来たりしてましたが、普通に迷惑だと思ったので自分はなるべくそうならないように感知されないように頑張っていきました。
意外と前方の範囲が狭いのと横にも広くない事が分かりました。
(油断大敵だけど)

NMが湧いたら全力で駆けつけて、狩れたらラッキー、間に合わなかったらしょうがないね、の心持ちでやっていきました。
シャウトだと待つ待たない論争する人も見かけましたが、わりと不毛なので遠い目で眺めていました。

気づいたらELv9になっていて、晴れてエーテライト開放です。

低レベル帯の上げ方(※個人の感想です)

  • NMメインで食べた方が楽
    NMメインならパーティ内のレベル差はあまり関係ないので、気軽にフレとも遊べる。
    フレが17越えていて二人乗り持ってるなら乗せてもらおう。

  • 雑魚狩りするならトリガー狩りに混じる程度に

  • 拠点放置するくらいならアネモスクリスタル砕いておく
    武器最終に150個はキープしておく。

長くなってきたので次回へ続く

コメント