禁断の地エウレカ:アネモス編、レベリングの軌跡(ELv9〜20)

FF14
スポンサーリンク

前回の記事から引き続き、エウレカ:アネモス編の後半のレベリングについて書いていきたいと思います。

禁断の地エウレカ:アネモス編、レベリングの軌跡(〜ELv9)

ELv9〜17

エーテライトが開放されて、北西の研究所と東の山小屋に拠点からワープ出来るようになります。
NMが湧いたときの移動が楽になるので、低レベル帯よりも狩りやすくなります。
ただ、例えばカリストからサボテンとか、エーテライトから遠い所から反対側に行く時は、徒歩かエーテライト経由かは悩ましいところなのでそうなったら力づくで走らないといけません。

NMの適正レベルが増えてくるので、この辺りから虚構やアネモスクリスタルが美味しくなってきます。
ひたすらNM狩ってた記憶しかないので、特筆することはないですね。

13クエはホワイトライダーの所にあるので、パーティ募集中で同じ目的のものがあった時にクリアしました。
夜には行かない方がいいですね。
(被弾したら即死だからあまり関係ないかもだけど)

17クエは13クエに比べたら楽だったので特に…。

17クエを完了させるとマウントに乗ることが出来ます。

ELv17〜20

奥地に行かなければほぼ絡まれなくなりマウントも乗れるようになるので、NM狩りがかなり楽になります。
アネモス武器最終に使うパズズの羽根はELv19から取得出来るようになるので、それまでは耐えてひたすらNM狩ります。


そんなこんなで20になったらお疲れ様でした。

結局のところ

NMが湧いたらパーティに入って無心で狩ろう。
最低限のコミュニケーション取れればあとはなんとかなる。

レベル20になってみて

気づいたら1週間ぐらいで20までに上がりました。
ゾディアックウェポンやアニマウェポンに比べると楽になりましたね。

ただまだiLv355までしか作れてないから、この先が気になるところです。

3月25日現在の進捗ですが、
全15ジョブ中13本製作済み、残り2本分の羽根はあり、クリスタルが足りない状況です。

コメント